新江ノ島水族館とは

新江ノ島水族館(しんえのしますいぞくかん)は神奈川県藤沢市片瀬海岸の湘南海岸公園にある水族館で、1952年7月19日、当時の日活の社長であった堀久作によって(株)江の島水族館が設立され、1954年7月1日、江の島水族館がオープンされました。 館内の水槽では最大規模となる「相模湾大水槽」は、できる限り自然のままの環境に近づけるように2つの造波装置を設置し、絶えず波を発生させています。岩場にぶつかる波の音を聞きながら、波の下で雄大に泳ぐ魚たちの生態や水深に応じて魚たちの種類が変わっていく様子、相模湾の岩礁や沖の様子を目の前で観察することができます。
相模湾は国内でも有数のイワシの漁場として知られていますが、その生態は普段見ることが出来ません。そんな海の中を再現し、銀色に輝きながら、うねり泳ぐ約8,000匹のマイワシの大群は最大の見所となっています。

お泊りナイトツアー

2004年7月よりスタートしたお泊りナイトツアー「新江ノ島水族館・夜の探検隊」は、2008年3月で公募参加人数5,080人を達成、新江ノ島水族館の人気プログラムとなっています。
閉館後(夜)の水槽内の生物や、プールにいる動物たちの様子をじっくり観察しながら、展示飼育スタッフの解説付きナイトツアーをお楽しみ頂けます。また楽しく学べる○×クイズやまるで海の中で眠りにつくような「相模湾大水槽前」での就寝など、素晴らしい体験を満喫できます。

新江ノ島水族館のお食事処

館内には食事ができるところはありません。ただし、水族館は再入場可能ですので、お腹が空いたらおとなりのイタリアンレストラン「iL CHIANTI BEACHE」(イルキャンティビーチェ)がいいでしょう。ビーチ直結で眺めのよい人気のレストランです。
ギリシャスパゲティやカイゾクピッツァがオススメですが、特にここのサラダのドレッシングが美味しいと評判です。魚介たっぷりのカリブサラダに、たっぷりかけて味わってください。なお、お得情報として、ここで食事をすると敷地内にある[江ノ電駐車センター]が2時間無料となります。

スポンサードリンク


超濃厚 宇治抹茶生チョコレート 20粒入≪ホワイトデーギフト特集≫§京都 宇治のお茶屋作挽き...

新江ノ島水族館9月のイベント

9月のテーマ水槽では、敬老の日を記念して長寿生物の代名詞ともいえる古代生物たちをご紹介いたします。
また発見の小窓“小さな地球”水槽では、この時期黒潮に乗って相模湾で見られる南の海の幼魚たちをご紹介いたします。
なぎさラウンジでは、深海コーナーで共同研究中の海洋研究開発機構と共催で、海洋の夢をテーマに子供たちがハガキに描いた作品の展示やワークショップ、湘南おまつり広場では、地元湘南の伝統遊戯「片瀬こま」の体験イベントを開催いたします。
他にもスタンプラリーや、お泊りナイトツアー、ビーチクリーン&ビーチコーミングなど楽しいイベントを企画中です。